2018年 8月 の投稿一覧

チンキの作り方と活用方法 美肌別一覧

おはようございます♪maruchika です。

 

今日はラベンダーチンキを作ったので

作り方と効能、チンキの使い方バリエーションをシェアしたいと思います(^o^)

こちらはつけて一日めのラベンダーチンキです。

 

っていっても作り方は超簡単です!(笑)

簡単すぎて説明もなにもあったもんじゃないのですが、一応作り方です(^_-)

 

チンキの作り方

1.ガラス瓶にハーブを入れ、ハーブが完全に浸かる量のアルコールを入れます。

ガラス瓶は熱湯で消毒して清潔にしておいた方が良いです。

*アルコール度数によって日持ちが変わります。おすすめはホワイトリカーかウォッカの40度くらいのものが良いです。

2.2週間漬け込みます。1日一回表面がカビないように瓶を振って中身を混ぜます。

3.ハーブをこしたら出来上がりです。

 

ねっ♪簡単でしょ?(笑)

 

写真を見ていただければわかりやすと思いますが

ハーブが軽くて浮いてきますがある程度アルコール(私はウォッカにしました)

に浸っていれば毎日混ぜているうちになじんできますので大丈夫です。

 

ちなみに2週間後の,

こしたチンキはこちらです。

半分くらいの瓶に移し替えてこのくらいの量です。

長く持つので他のハーブでも試してみようと思っています。

 

アルコール度による保存期間

  • 10度…約1ヶ月
  • 15度…約半年
  • 25度…1~2年(麦焼酎)
  • 40度…5年(ホワイトリカー、ウォッカ)

 

チンキの活用法

・化粧水…チンキ1:水またはハーブティー2

保湿にグリセリンや植物油を加えてもいいです。

・入浴に…チンキをそのままお風呂に入れます。(10~20mlくらい)

・ルームスプレー…チンキ1:水1

スプレーで部屋の空気を浄化します。

 

などなどたくさんの使い道がありますし、

ハーブによっては効能も変わってきます。

 

効能一覧(お肌)

乾燥肌 ローズ、カモミール、マロウ
脂性肌 レモンバーム、ローズマリー
敏感肌 マリーゴールド、ラベンダー、ローズ
老化肌 ローズ、レモンバーム
日焼け ラベンダー、マリーゴールド、エルダーフラワー
疲れ目 アイブライト
目尻のしわ マロウ、カモミール
ニキビ ラベンダー、マリーゴールド
しみ、くすみ レモンバーム、エルダーフラワー
肌荒れ ローズヒップ、ラズベリーリーフ、カモミール

美肌対策ですが、ハーブでのスキンケアは無添加で作用も穏やかですので

肌の弱い方でも安心して使えることが特長です。お肌に合ったハーブで

試してみてくださいね。

 

匂いやハーブの合うあわないなどは天然でもあると思いますので

まずは少量から試されるとよいと思います。

 

今回のラベンダーについて少し補足のお話を。。

 

ラベンダーはすがすがしい香りと可憐な花が古くから愛され『ハーブの女王』とも

呼ばれ多くの人に好まれています。

効能も多いしいい香りなので人気ですよね。

ラベンダーはラテン語の『ラワーレ』(洗う)という単語に由来し

不安や執着心を洗い流してくれるハーブとしても知られています。

 

主な作用

鎮静、抗菌、抗うつ、鎮痙、強壮、不眠、虫刺され、高血圧、

やけど(日焼け止めローションとして)、防虫

 

と、色々な作用があり万能選手です。

香りもいいし最高です。一家にひと瓶。(笑)

私は次はローズのチンキを作ってお肌に使ってみたいなと思っています。

 

また作ったらシェアしたいと思います。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

今日のヨガポーズとカード マルジャーラーサナ(猫のポーズ)

ヨガカードの心とポーズ

こんにちわ。maruchikaです。

 

今日もヨガカードとポーズをシェアさせていただきます。

まずはカード(心の持ち方)の説明と

次にポーズの説明を絵付きで解説しますので

宜しければご一緒に(*^^*)どうぞ♪

 

まずはカードです。

ヴァイラーギャ(冷静さ)

 

《 yogaの瞑想、心を収める術、自分の中心に戻る旅 》

 

このカードは自分が本当に望むこと、この人生で叶えたいことは

何か?ということを自分に問いかけ、生きる目的をはっきりさせる時が

来たことを告げています。

何のために生きるのか?を大きな視野で自分を見据え、そのために

真っすぐに生きていけるように。

 

自分の人生で本当に望むことと今していることが

繋がりがあるのかを見極めることをこのカードの

ヴァイラーギャは教えてくれています。

 

そのため瞑想が必要だと言っています。

心の奥の本当の自分の『本心=魂』と向き合うため魂に問いかけてください。

 

 注意事項!!

心と体の(内と外)のバランスを崩さないようにスマホのタイマーなどで

 時間を区切り始めと終わりを明確にします。

脳みそは日常と空想の区別がつかないので非現実的なものがみえたら

 『それは脳みそ』が見ている空想だ。と理解しそれにとらわれないように

 する。

瞑想を長時間するのは危険です。脳内の神経物質に作用するため、

 興奮状態やうつなど心身の異常を引き起こす可能性があるので

 長くても15分以内にしましょう。

*初めてで心配です。という方は瞑想教室などがありますので

そこで一度体験してみるのも良いと思います。

お好きな形で安全に瞑想を出来るように選んでくださいね。

 

 

一日を終えた後、部屋を整え、体を清潔にし、心地よく座り

TVやネット、ラインの通知などをいったんオフにし

気が散ることから離れて心を落ち着かせます。

静かに目を閉じて自分の心の深い部分に呼吸をしながら

問いかけてください。

 

『本当に欲しいものは何?』

何度も何日でも、心を掘り下げていくうちに

心が本当の答えを返してくれる時が来ます。

 

その時、本当に、自分に必要なものがわかり、不要なものも

わかるので、欲望も貪欲も自然と落ちていくのです。

 

あなたが今世で知るべきことを知る時が来たようです。

とこのカードは語ってくれています。

 

瞑想し、自分の本心を知り、心に従って生きていくのが

魂が一番喜び、自分自身も満たされて生きていけるということ

ですね。

 

そうすれば自分も周りも地球もうまく調和し

穏やかで優しい人達があふれかえる地球になれるように感じます。

 

心に従う。

出来そうで欲や日常の生活などを考えてしまうと

心にふたをしてしまう時がありますが

これをこのヴァイラーギャは「いつまでふたをし続けるの?」と

問いかけているように感じました。

 

 

それでは本日のポーズです。

 

瞑想の準備にとても良いポーズです。背骨と胸をほぐすこと。

体の心地良さは心の心地良さをもたらしてくれるので

軽くポーズをしてから瞑想するとよいですね。

 

マルジャーラーサナ(猫のポーズ)

こちらになります。上が4番、下が3番の絵です。

 

1.四つ這い(肩の真下に手首、腰の真下に膝、膝の間はこぶし1つ分幅をとります)

 

2.足の甲を床につけ、背筋をまっすぐにし、その延長上に頭を置く

 

3.吐く息で骨盤、腰、背骨、首の順で丸める。目線はおへそ。

 

4.吸う息で骨盤、腰、背骨、首の順でそらす。目線は正面か斜め上方向。

 

5.3と4を何回か繰り返します。

 

*肩は耳から離しておきます。縮まらないように気を付けてください。

*肩とお尻の位置は変えない。(前後にゆれないように)

*腰に負担がかからないように腹筋はしめておきます。

*心地よい所までで大丈夫です。無理しないように体の声を聴いてあげてくださいね。

 

今日は瞑想についてのお話が長くなりましたが

ポーズをすることで体がほぐれますし、エネルギーが満ちてきます。

日々どのポーズも丁寧に続けていれば体にも心にも変化は

出てきますので、焦らず気長に続けていただければと思います。

 

そして心豊かな人生を共に歩んでいければ

いいなぁと思います。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。(≧▽≦)

 

 

 

 

今日のヨガポーズ パリヴリッタジャーヌシールシャ(体をねじり頭を膝につけるポーズ)

こんにちわ。maruchikaです。

 

今日のヨガポーズとカードです。

本日のカードを引きましたのでシェアさせていただきます。(*’▽’)

サットヴァ(純質)

《 喜び・優しさ、知恵を輝かせる質、yogaのための心と体 》

 

このカードはあなたの生活をよりサットヴァにし、yogaを

深めるために環境や生活リズムを整える時がきた。と伝えています。

 

『ヴェーダ(聖典)』は、

人間は『幸せで満ちていることの意味、自由であることの意味』

である存在といいます。

 

もともと人間は幸せで自由なのだと伝えているのですね。

サットヴァでいるときは幸せで自由を感じている。

それは心が素直で純粋な喜びで輝いているときと言っています。

 

そのサットヴァを高めるために日々yogaライフを続けることが

大切だと告げています。

 

サットヴァを高める方法は、普段から巷でも言われているような

当たり前のことなんですが、出来ないことや出来ないときもありますよね。

それをyogライフとして、徹底的にする。決めて続ける。ことなのだと

思います。

 

サットヴァを高める方法

《ヨガの日常では》

・朝日に向かって太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)をする

(出来れば日の出前に起きて体を清めてから洗い立ての服で太陽を出迎える)

・ポーズ(アーサナ)を練習する

・呼吸法を練習する

・経典を学ぶ

・マントラを唱える

・寝る前に心と向き合う瞑想の時間をとる

 

《普段の日常では》

・他人や生物を傷つけない

・環境を大切にする

・調和に生きる

・うれしいことを他人にもする

・笑顔でいる

・元気よく挨拶する

・必要としている人に惜しみなく知識や時間をわけること

・空気を明るくするような発言をする

・心と体を健康に保つ食物をとる

 

日々を丁寧に真っすぐ生きていくことがサットヴァを高め

”生きるヨガ”の実践となります。

 

 

それではお待たせしました!ポーズです。

パリヴリッタジャーヌシールシャ(体をねじり頭を膝につけるポーズ)

こんなイメージです。

 

脇、体側、普段あまり伸ばさない場所をゆっくり丁寧に呼吸を

しながら伸ばしていきましょう。

体の内側の流れがスムーズになり、サットヴァが広がるのを感じてください。

 

かなり難しいポーズですので無理のないように心地よいところで

ポーズしてくださいね。心地良いところがあなたの今日の

ベストポイントですから。

ポーズを体に合わせてカスタマイズしてください。

 

ポーズのとり方

 

1.長座のポーズで坐ります。

 

2.そこから両足を開いて開脚します。無理のない範囲で大丈夫です。

 

3.左足を曲げ、しっかりと足の付け根にかかとを持っていきます。

この時も寄せれる範囲で大丈夫です。

 

4.息を吐きながら右手で右足のつま先が持てるようならもちます。

持てないときは持てるところで大丈夫です。

 

膝は持たないように気を付けましょう。(関節を持つと膝を痛めてしまいますので)

胸は下を向かないようにしっかりと正面に向けてください。

左わきが心地よく伸びます。

 

5.吸いながら左腕を上へ真っすぐ伸ばし、吐きながら左腕を左耳の

後ろから右足の外側をつかむようにします。

 もしくは左腕は斜め上に伸ばしたままでも大丈夫です。

左の体側が心地良く伸びるところを探してください。

 

余裕があれば胸を開いて(両肘が離れるようなイメージで)ねじりを深めます。

心地よいと思う所で大丈夫です。そこが今日のあなたのベストポイント

ですから。(≧▽≦)

 

ゆっくりと呼吸を繰り返して内側の心地よい流れを感じてください。

 

今日もお付き合い頂きありがとうございます。

よいヨガライフをお過ごしくださいね。(*^-^*)

 

 

日記を書くメリット 幸せ度アップの方法

日記を書くメリット

 

こんにちは。maruchika です。

今日は日記を書くメリットについて

お伝えしたいと思います。

 

書くだけで幸せ度が上がる書き方ですので

是非タイミングが合えば試してみてくださいね。

 

日記と言ってもすごく簡単なもので

私のやり方は今日何があったかを箇条書きに書くだけです。

もちろん詳細に書いていただいても大丈夫です。

 

箇条書きでもすごくメリットがあるポイントは

『今日の〇〇出来た。』ことを書くことです。

 

例えば

『掃除が出来た』

『ご飯が作れた』

など何でも構わないので『出来たこと』

を書いています。

肯定文のみで出来なかったことや、やれなかったことは

書いてないです。

 

一日の終わりに書くようにしていて、

そうすることで今日の自分の行動を整理して書くことが

でき、たくさんできたことに対する自分の評価が良い状態で

眠りにつけるからです。

そうすることで寝ている間もポジティブな思考が続くので潜在意識にも

良い影響を与えますし寝る前の思考は本当に大切です!

 

書くことで、私ってこんなにも出来てるんだ。こんなにもたくさんのことを毎日こなしているんだ!

って、めちゃくちゃ自分を肯定出来るようになるんです。(^o^)

 

一月くらい書いていると実感出来ますよ♪

 

本当に潜在意識から書き換えられるくらいの変化が感じられたので日記アプリなどもありますし

試してみてはいかがでしょうか?

紙に書くほうが良いとよく言われますが、私はアプリで箇条書きにしている

だけで効果はしっかりありますし、お好みで選んでいただくとよいかと

思います。続けられる環境を作ることのほうが大切ですから。

 

それと、私はそこにプラスして一日一善を書いています。

これがまた強力なんですよ♪

 

今日は~をしてあげれた。と一日に一つでよいので良いことをして

してあげれたことを日記に書きます。

 

人に親切にしたことを書いていると自分への信頼感や

親切にしたい気持ちが自然とわいてきて人にやさしくなれます。

本人は無意識ですが日記に書こうと思っているので次第に

良いことをしようと自然に動き始めます。

 

私は電車に乗ってる時に席を譲る機会が格段に増えました♪

後は駅や改札で小銭を拾うことが多く、ネコババしないで駅員さんに

ちゃんと渡してます(笑)

 

他には

家族に電話をかけれた。とか

笑顔で挨拶できた。とか

友人の話をきいてあげれた。とか

店員さんにありがとうといえた。とかです。

 

本当に簡単に出来ることですが、意識してないと出来ないこととかも

あるので、一日一善を実行するのは自分にとっても幸せ度が上がりますし

周りの人にも良い空気を伝えることができますので

いいことだらけです(≧▽≦)

 

ですので日記を書くポイント

  1. 箇条書きでもOkなので肯定文で書く
  2. 出来なかったことは書かない
  3. 一日の終わりに書くことで一日が整理できる
  4. 肯定状態で眠りにつくことで寝ている間もポジティブな思考が続き潜在意識にとても良い
  5. 親切にしたことも書いておくと更に自己肯定力がつき幸せ度があがる

です。

 

良かったら試してみてくださいね。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日のヨガポーズ 生理痛に良い アンジャネヤーサナ

今日のヨガポーズ アンジャネヤーサナ

 

こんにちわ。marchikaです。

 

今日のヨガポーズはアンジャネヤーサナです。

 

このポーズは生理前や生理中の不快な症状を緩和する効果が

期待でき、鼠径部も伸びますし股関節も柔軟にします。

血流もよくなります。

 

こちらのポーズです。

 

ポーズのやり方

  1. 四つ這いの姿勢*1から息を吸いながら右足を手と手の間*2に運びます
  2. 後ろ足を引けるところまで引いて膝と足の甲を床につけます。
  3. 上体を持ち上げて呼吸(背骨をしっかり伸ばし目線は正面)
  4. 余裕があれば両手をあげ、上げた指先をみれるようでしたらみながら合掌。*3

 

 

*1→四つ這いは肩の真下に手首、股関節の真下に膝がくるようにします。

*2→前においた足は足首より膝が前にでないように気を付けて下さい。

足首よりでてしまうと膝を痛めてしまいます。

*3→腹筋は力を抜かず(丹田をきゅっと占しめるイメージ)

腰に負担がかからないように気つけて行ってください。

 

心地よいところまでで大丈夫です。ポーズに自分を合わせないで

自分にポーズを合わせるように調整してください。

 

大きく空に向かって心を開き、喉、脇、胸、体の前側を心地よく伸ばします。

『アンジャネーヤ』とはインドの神話『ラーマーヤナ』に出てくる

サルと人間の姿で現れた勇者ハヌマーンのもうひとつの名前です。

 

アンジャネーヤは、風の神から生まれた強さと自由、友愛のシンボル。

愛と勇気に溢れたハートの大きい神様です。

 

このポーズをとり、全面を伸ばすことで胸が大きく開き

アンジャネーヤのハートを感じてみましょう。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

体のお話 気管に良いこと悪いこと

気管にいいこと悪いこと

 

こんにちわ。maruchikaです。

 

今日は気管についてのお話です。

気管支炎や喘息の方にも読んでいただけると役に立つ情報かな?

と思い書いてます。

 

まずは気管ですが、こちらの画像がわかりやすかなと思います。

 

コメントを書いたのですが見えないですね(;^ω^)

こちらに書き直しますと、

 

気管とは、第6頸椎下縁の高さで咽頭に続く半円形の管で、食道の前面を走り

第4胸椎の高さで左右に分岐する。とあります。

 

食道の前面にある管なんです。そこに異物が混入すると

鼻なら鼻をかめばいいですし、食道なら胃に流し込んでしまえばよいのですが、

気管は画像にあるように直接肺につながっているので、

そのまま流し込むわけにはいかないんです。

異物混入には誤嚥性肺炎が有名ですね。

 

ですので入っちゃうと大変なので、これを阻止するために

体は素晴らしいものをつけてくれているんです!

 

それは『繊毛』と言って

気管の内側にある筋肉の突起の上に粘膜層がのっているものを言います。(下記図参照)

この繊毛が1分間に1000回以上ブルブルっと動き、異物が入った時に

下から上にあげてくれるんです。咽頭まで上がってくると

後は胃に落とし込めばいいのです。これすごくないですか?

 

オレンジで丸したところです。

 

めちゃくちゃ細かくて普段みえないものですが全力で体を守ってくれています。

 

この繊細な繊毛の動きは0歳ですでにピークなんだそうです。

大切な繊毛は寒さと乾燥が苦手です。喉のことを考えれば納得ですよね。

 

ですので、なるべく乾燥や寒さを回避するように冬はお鍋を食べたり加湿器つけたり

マスクをしたり。

今はクーラーもあり夏場でも加湿器やマスクをつけている方もいらっしゃいます。

咳き込むと疲れちゃいますしね。

ちなみに一回の咳で二キロカロリーを消費すると言われているので

咳き込むときこそ栄養をしっかり取らないと体力不足で

余計に直りが遅くなったりします。

 

かく言う私も喘息なので普段からマスクをするようにし、クーラーを

つけている部屋では必ず加湿器をつけるようにしています。寝るときも

咳がひどいときはマスクをしてタオルを巻いて寝たりして気を付けていますし、

こまめに水分をとって喉をうるおしたりと繊毛にやさしくしています(笑)

 

 

メントールも繊毛を活発にする要因だといわれていますので

ミントのアロマを焚いたりすると夏場は特にすっきりしていいですよね。

私はルームスプレーを作って虫よけ対策がてらスプレーしたりしてます。

吸い込みすぎるとむせるのでご注意ください。♪

こないだ喉に良いと思って深呼吸したらむせましたから(笑)

 

あと、タバコは繊毛に負担をかけてしまうのと、特に繊毛自体を壊してしまうといわれている

ので、繊毛のことを考えると、できればタバコは避けたほうがよいかなと思います。

 

気管に良いこと=繊毛に良いことですね♪

 

是非体のことを知って体を大切にしてくださいね。

詳しく知ると何となく繊毛さんありがとう♪という気持ちが出てきて

私はただ単に喉にいいですよ。と言われるより納得がいくタイプなので

もし、同じ思いの方がいらっしゃればと思いシェアさせていただきました。

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

奈良のオススメランチ 一度は行きたいお店

奈良のオススメランチ

こんばんわ🎵maruchika です。

 

本日は久しぶりに贅沢なランチを味わってきました🎵

一年に何度かしか行きませんが

とても美味しくて雰囲気もよく

私的にはランチなら何とか手が出るなぁというお店です(^-^)

 

それは奈良ホテルにある花菊という

懐石料理のお店です。

 

 

日本料理の職人さんが手間暇かけてくれた繊細で美しい彩りのお料理に体も心も喜びました!

 

前菜 フォアグラと南京のゼリー寄せ

赤ワイン風そうす

すずきと小芋の醤油糀風味の黄金焼きと無花果焙煎茶煮

 

とうもろこし饅頭

 

と、どれも手間暇かけて作られていて

地元の食材や季節ものをちゃんと入れて

くれているので体にも優しくて

心まで豊かになりました。

 

見た目にも美しくて思わず写真をとりましたが、回りを見ると一眼レフで写真を撮っている方もいらっしゃって、見た目にも美しい日本料理の素晴らしさを改めて感じた時間でした。

 

もちろん接客も素晴らしくて

本当に心地よい時間が過ごせます。

 

今回私がいただいたのは

まほろば懐石という5000円+tax+サービス税で5940円のものです。

5940円の価値があるお料理と空間だなぁと

思います。

 

ちょっと贅沢なランチをしたいなと

思っているかたは是非一度いってみてくださいね(^o^)

 

週末は人気があり混んでいるので

早めに予約したほうが良いと思います♪

 

あと余談ですが、奈良には観光の方も多くいてるので

おみやげ物やさんだけでなく

100円ショップも日本独特のものが売られていて(手裏剣のボールペンとかこけしがらのけん玉とか)

諸外国の方々で賑わってました(^o^)

 

奈良公園は諸外国の方も鹿もいっぱいでした笑っ

 

体のお話 鼻血の止め方 キーゼルバッハ

鼻血の止め方

 

こんにちわ。maruchikaです。

今日は解剖学のお勉強もしている中で

日常で使えるちょっとした小ネタをお伝えします。

 

鼻のことを学んでいたのですが(ヨガに関係あるのと言われるとなんなんですが(笑))

鼻の穴は外鼻孔と言われ、そこから鼻の穴の鼻腔(大きな空洞)につながります。

鼻毛も粘膜もろ過機能がありそこから鼻の奥に続きます。

 

鼻毛も粘膜も体を埃や花粉などから守ってくれているんですね。

鼻毛が出てるおじさんのことも少しだけ優しい目で見れそうです。(笑)

 

 

さて、鼻血のお話に戻しますと、鼻のてっぺんあたりにある

『キーゼルバッハ』という箇所があり、毛細血管が多く鼻の入り口付近という

場所もあり

鼻血はほとんどの場合ここから出ていることが多いそうです。

鼻の入り口あたり、丸した部分です。

鼻血が出たらよくあるのは鼻の付け根あたりを押さえて上を向くことが

多いかと思いますが、これはNGらしいです。

何故かと言いますとのどに流れ込んだ血液が胃に入り込み

それが原因で気分が悪くなったり、吐いたりすることがあるからだとのこと。

 

正しくは小鼻をしっかり指で押さえ鼻の穴を閉じ、下を向いて5分ほど

じっとしているとキーゼルバッハが原因だと止まるそうです。

 

これで止まらなければ原因の箇所が違うので

適切な処置を医療機関でうけたほうがいいですよ。と

解剖学の先生はおっしゃってました。

 

案外常識だと思っていたことが間違っていたりすることありますよね。

私は今回初めて下を向くんだ!とわかり目からうろこでした!(笑)

 

また体の面白くて日常に役に立つ情報がありましたら

シェアさせていただきますね。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

今日のヨガポーズ 「ゴームカーサナ」牛面のポーズ

今日のヨガポーズ

のお時間がやってまいりました!(笑)

 

まずはヨガカードの意味と私の解釈があり

最後にポーズのやり方を書いています。

良かったら最後までお付き合いください。(≧▽≦)

 

あっこんにちわ。maruchikaです。

 

今日も本日のヨガポーズのカードを引きましたので

シェアさせていただきます。

 

カードはこちらです。

ヴィシュヌ(秩序と維持の法則・すべてに広がる存在)

 

”繋がる、世界の闇と輝き、自分を磨く”

 

「ヴィシュヌ」は、サンスクリット語の「ヴィシ」=”遍く広がる”という

語源からなる、世界を調和させる神。

創造ー維持ー破壊のサイクルで巡る宇宙の、維持の法則を司ります。

 

宇宙も地球も私たちも循環しながら、それぞれ影響を与え合いながら

暮らしていますよね。

人間は生まれてから色んなものを生産・消費しながら成長し

死んだときは灰になり土に帰ります。

 

世界はヴィシュヌそのものであり、世界に生きる私たちとひとつに

繋がる存在です。

「魂と宇宙は繋がっていてひとつなんだ」ということは

 

神は私たちの中にいて(魂やアートマンと言われているもの)

既に美しい原石を与えられているので、魂を大切に扱い

しっかりと磨いていかねばならないと感じます。

 

人間の体は仏の形を内包している仏閣のようなものだから

大切な魂の乗り物の体も清潔に大切に扱わねばとも思います。

 

心と体も相互関係があるので

心の成長をこうして学んだり感じたりしながら

ヨガのアーサナで体からもサマディに近づけるように

日々練習していきたいなと思います。

 

きっと、

ヴィシュヌのカードは私たちにヨガの心を届けに来てくれたんですね。

どちらからのアプローチも必要で不可欠なこと。

バランスが大切。ということを。

 

 

ではポーズです。

【ゴームカーサナ】牛面のポーズ

わかりますでしょうか?(笑)

 

このポーズは牛の顔をまねたポーズです。牛のように運命に抗わず

与えられていることを淡々と受け止め、焦らず競わずのんびりとする

時間を持ちましょう。苦しい時こそ流れに逆らわず、ヴィシュヌの流れに乗りましょう。

このポーズが心のゆとりを生んでくれるはずです。

 

  1. 正座をしてから、足の右側にお尻を落とします。
  2. 右手は地面に、左手は左足の上に置きます。
  3. 左の膝を伸ばして足を前に伸ばします。
  4. 右手で左の足首をもって、右足の上から左足を回します。(上下の膝を揃えます)
  5. 左足の側面を地面につけ、足の甲とお尻を重ならないように近づけます。(坐骨に体重が均等にのるように)
  6. 息を吸いながら左腕を持ち上げ肘を曲げる
  7. 右腕を下から回し手と手を肩甲骨の間で合わせる。

 

腰に負担がかからないように腰はそらないように気を付けてください。

常に背骨は真っすぐです。手が届かないときはタオルを使ってよいので

背骨が真っすぐになるように調整してください。

 

今自分ができるところまでで大丈夫です。

心地よいところが、今のあなたにベストなポイントなので

ポーズに自分を無理やりはめようとしないでくださいね。

 

骨格などでどうしても難しいものもありますので出来なくても

大丈夫なんです。

 

自分の成長ためにヨガのアーサナというツールを使っている。

常に自分が主導権を握っている。ということを忘れないでください。

 

 

あと、余談ですがヴィシュヌ神はアヴァターラ(化身)思想があり

ヴィシュヌは世界がアダルマ(悪や不徳)に覆われそうになった時、

自身の一部を様々な存在に化身させて顕現し、苦しむ人々を救うという。 お話があります。

 

その化身が魚や亀やいのしし、小人だったりするので

「一寸の虫にも五分の魂」で生き物を大切にすることを

改めて感じさせていただけるお話でした。

 

食事を頂くときの感謝も改めて感じます。いつも必要なものを

宇宙は与えてくれています。感謝して頂くことを忘れないように

したいと思います。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

心と体をコントロールする ヨガ

心と体をコントロールする

 

こんにちわ。maruchikaです。

 

きょうはヨガで心と体をコントロールする方法を

お話していきたいと思います。

心と体は『私』という形で繋がっていますよね。

離れがたい2個1で唯一無二の存在です。

相互に影響を与え合っています。

 

体がしんどいと心もしぼんでくるし

心がしんどいと体も疲れやすくなります。

お互いに影響しあっているのでどちらの健康も大切ですよね。

 

心の健康が大切だと気づき始めていても

体と違って触れれないし、はたからみて

わかりやすい形もないし伝わりにくいので

見過ごされがちですが、とても大切な部分です。

 

したし、心を鍛えましょう。とか、心を強くしましょう!

と言われてもどうすればよいかわかりませんし

人それぞれですので自分と同じことをして心が軽くなるとか

変化があるかというと、それは違いますよね。

 

ですので、体から鍛えていって心にも作用させましょう。

というのが、ヨガのアーサナ(ポーズ)のポイントになります。

 

体を動かすことで体の緊張もほぐれコリも解消し

解消することによって気持ちも楽になりますよね。

体が開放すると心も解放されてきます。

 

体の開放やリラックスって思うより難しいんですよ。

脱力してくださいと言われてもどこかに力がはいっていたり

ほぐしきれてない部分は固まっていて筋肉が緊張したままです。

 

ですのであせらず

ゆっくりと実感できるようになっていけばよいと思います。

 

初めは感じにくいかもしれませんが

毎日5分でも1分でもよいので継続することがとても重要です。

 

私は以前に毎朝40分ほどアーサナを1年間くらい続けたことが

ありますが、半年くらいすると体がかなりやわらかくなり

体感として変化が感じられました。

 

毎朝することで心が穏やかになり気持ちよく出勤できるようにも

なりましたので、心にも作用するのは体感すみです。

 

アーサナをするときは呼吸が止まらないように深い呼吸(腹式呼吸)

を行ってください。

ポーズのひとつひとつには意味があり効いている場所も

違いますので、使っている筋肉を意識して

「あ~今ここがのびてるなぁ」とそこに意識を向けて

筋肉に集中します。すると筋肉も答えてくれます。

 

呼吸をしながらアーサナをするのが難しいときや

時間がとれないときは、寝る前の1分でもよいので

腹式呼吸をしながら瞑想をしてください。

 

無になる。は難しいので呼吸に意識を集中して心の

動きを呼吸にとどめて下さい。

そうすることで心の(感情)の波が穏やかになり

いつもよりリラックスした状態で寝ることができますよ。

 

これをすると、朝起きた時に普段より体が楽な感じがしましたので

オススメです。

 

 

【朝のオススメヨガポーズ】

やはり朝は太陽礼拝がおすすめです。

 

太陽礼拝

  1. タダーサナ(山のポーズ)
  2. ウルドヴァ・ハスターサナ(上向き礼拝)
  3. ウッターナーサナ(立位前屈)
  4. アンジャネヤーサナ(ローランジ)
  5. プランク(板のポーズ)
  6. アシュタンガ・ダンダーサナ(八点のポーズ)
  7. ブジャンガーサナ(コブラのポーズ)
  8. アドムカシュヴァナーサナ(下向きの犬のポーズ)
  9. アンジャネヤーサナ(ローランジ)
  10. ウッターナーサナ(立位前屈)
  11. ウルドヴァ・ハスターサナ(上向き礼拝)
  12. タダーサナ(山のポーズ)

 

です。これを左右で1セットとします。

その日の気分で回数は調整してください。

イメージ画像です。

一番上が始まりになります。

 

1のタダーサナは立つだけですが、これがちゃんとしようと

思うと結構難しいです。

まず足裏の三点、かかと、親指の付け根、小指の付け根に均等に

体重をのせます。

内ももをしめ、お尻もしめ、背骨を頭頂までしっかり伸ばし、肩はさげて

目線は真っすぐ正面を向きます。中指は体側に沿うようにします。

ここで余裕があれば目を閉じます。揺れても大丈夫ですので自分の

中心を感じてください。

落ち着きましたら、ゆっくり目を開け胸の前で合掌。

 

2はそこから手をそのまま上げます。肩がつらい方は手のひらを離して

真っすぐに上げていただいても大丈夫です。

 

3次にその手を遠くをなぞるようにしながら股関節から

体を曲げ、手のひらを両足の外側の床につけます。このとき膝は曲がっていても

大丈夫です。

 

4右足を大きく後ろに一歩下げ膝を床につけます。この時つま先は立てたままです。

手をカップにして背筋を伸ばし手目線は正面。

息を吐きながら背中を丸めて両手をしっかり床につけます。

前に置いている左足を後ろに下げ

 

5板のポーズになります。背中は肩甲骨が落ちないようにして息を止めます。

 

6息を吐きながら膝、胸、顎の順に床につけて息を吐ききったら

 

7コブラのポーズになります。

吸いながら足の甲と恥骨をしっかり床に押し付けて脇締めて肘が90度に

なるように腹筋を使って腰に負担がかからないように上体をもちあげます。

吐きながら床に胸をおろし、つま先をたてて

 

8お尻を後ろにおろしてからゆっくりとお尻を持ち上げます。

下向きの犬のポーズです。肩がつまらないように腰が反りすぎないように

気を付けながら腰を高く引き上げ背筋を伸ばします。

余裕があればかかとを床に近づけて足の裏側を伸ばします。

 

このあとは4.3.2.1を行い最初のポーズに戻ります。

これで一周右足が終わります。左も同様に行い1セットです。

 

 

【夜のオススメヨガポーズ】

夜はゆったりと動きの少ないポーズが

良い眠りにつながると思いますので

やはり瞑想するのがよいなと私は感じています。

 

坐るのもしんどいときはシャバーサナ(屍のポーズ)で

寝転がってゆっくり深呼吸を意識するだけでも体は

リラックスし副交感神経が優位になり心地よい眠気を

誘います。

 

腹式呼吸の素晴らしさは常々感じます。

ストレス社会で呼吸が浅くなりやすい時代ですので

深い呼吸をしリラックスすることで自分から穏やかな

空気を広めていければいいですよね。

ヨガで心と体をコントロールし日々を穏やかな気持ちで

過ごしていきましょう。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。