はたらく細胞 オススメです!面白い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんばんわ♪maruchikaです。

 

今日はお友達に貸してもらったマンガで『はたらく細胞』とういのが面白かったので

オススメな理由をお伝えします。

 

今ちょうどヨガの学校で体のことを勉強しているのですが、なかなか覚えられなくて

どうするかなぁと思っていたら、ヨガ仲間が貸してくれました♪

 

これ、医療系の学生さんとか体のことをわかりやすく知りたい方にはもってこいの内容になってます。

病気や調子が少し悪いときに体の中ではどんなことが起こってるのかがわかりやく理解できるように

書かれているので気になる方は是非見てほしいと思います。

 

~オススメポイント~

白血球、赤血球、マクロファージ、好酸球、キラーT細胞・・など人間の体にある細胞60兆個が日々

私たちの体の中で休むことなく働き続けて体を守ってくれている、細胞たちの知られざるドラマの

物語を楽しくわかりやすく書いてくれているマンガです♪

解剖図で見ても細胞のこととか正直わかりにくいじゃないですか。Σ( ̄ロ ̄lll

何というか自分の体だけど、ぴんとこないというか実感がわきにくいですよね。

 

それをマンガで書いてくれているととてもわかりやすくて!教えてくれた友達に感謝しつつ読んでましたが、

途中で出てくるがん細胞の所なんかは思わずがん細胞の気持ちになって泣けてきました(笑)

実際に体の中で増殖されると困りますけど(;^ω^)

 

マンガの世界は、体の中が地球のような世界設定になっていて、赤血球が酸素を宅配便のように運んだり

白血球が警察官のように細菌をやっつけたり、SATのようなゴリゴリの特殊部隊でキラーT細胞

という細胞が緊急時に駆けつけたりと

 

私たちが見ている日常とリンクさせて書いてくれているので馴染みやすくてわかりやすいです。

 

まさかの登場人物の名前もそのまま『よう赤血球!』とかなんですよ(笑)

わかりやすぎて笑えますよね。好酸球(コウサンキュウ)なんて私の中では『よう!サンキュー』(笑)

にしか聞こえてこなくて一人ボケ突っ込みしつつ好酸球の働きを応援したりしてました。

 

アニキサスとかを退治してくれるのが好酸球♪なんですよ。もうマンガみちゃうと忘れられないです。(笑)

 

映像があるのでイメージがわきやすく、楽しく覚えられます。

花粉症はどうやってなってしまって、体の免疫システムはどのように作動して治してくれているのか

白血球の気持ちまでわかります(笑)実際に気持ちはあるのかはわかりませんが。。

 

どの細胞もめっちゃ体を守るために日々頑張ってくれているんだなぁ!と読んでいるうちに

感じてきて自然と自分の体を大切にしようと思えてきますので、お子様に見せるのもいいかも

知れないなと思いました。

 

体感としてわかるのはとても大切なんじゃないのかなぁと感じているので

どんな形でも勉強することや学ぶことを諦めずに苦手なら苦手なりにこうして

マンガから入り理解を深めていくのはいいことだな。と、自分に言い聞かせてます(笑)

 

こちらが『はたらく細胞』のマンガです。書店でも売ってました♪

 

この後に免疫の本を読むと理解が多少なりとも出来ているので以前より読みやすく

なってました。映像の持つ力ってすごいなぁ!と改めて感じました。

何故か解剖学の本も以前より詳細を見ても拒絶反応は少なくなりました。(笑)

 

脳みそは知っていることは受け入れやすいのかな?と思ったり。

文字を見てても、マンガの映像が出てきてすごい納得して読んでることに気づきました♪

 

もし、細胞や体のことを勉強中で楽しく覚えたいなぁというときは是非一度読んでみてくださいね。

自分の体のことを楽しく理解できるのはいいことだなぁと思う今日この頃です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*