発表会をめちゃ楽しく見る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発表会をめちゃ楽しむ方法

 

おはようございます。maruchika です。

 

今日は先日一緒に舞台を観に行った

知り合いが舞台の見方がわからなくて

どこ見ていいかわからず座席の数を

数えたりしていて舞台を充分に楽しめなかった。

 

と言っていたので、そういった方に

お役にたてればと思い書きました。

 

私なりの発表会をめちゃ楽しむ方法をお伝えします♪

特に身内や友人に発表会に出るかたがいて

興味なくても毎回誘われて観に行かないと

行けないんだよね~( ̄▽ ̄;)

とこっそり思っている方に(*’▽’)

 

確かに発表会は素人のショーですから

はがゆいときや見ててつまらなく感じることもあるかもしれません。

 

それでも知ってる人が出てる時はまだ見てられますが、

他のかたを観るのは正直興味ないし、でも知ってる人の

所だけみて帰るってのも出来なくて前後少しみて帰ったり。。

 

時間押してて友達までまだまだあるけど内容とかわからないし

知らない人ばかりでつまんないなぁ。。

とかって一度はあるあるですよね( ̄▽ ̄;)

 

そんなときには観る角度や発想を豊かにして見てみるととても楽しめますし

出演している人もとっても緊張しながらも

観客がいてることで出せる力もありますから、

是非自分なりに楽しんで

観客席からも盛り上げる空気を送ってもらえたらめっちゃ嬉しいと思います。(^o^)

 

あえて感化されてみる。

という感じでしょうか(^o^)

 

『観るポイント』

 

1.舞台装置や大道具

2.衣装

3.好きな人を見つけてそこに集中

4.笑顔

 

 

1.の舞台のコンセプトをみるのは

全体を見てみると、何を軸に物語や舞台がなされているかが

だいたいわかりますし、チラシやプログラムなどに題名も書いているので

そこから全体を俯瞰してみてみます。

監督になったつもりで見てみると

面白いことが見つかるかもしれないですよ(^-^)

 

2.の衣装は歌い手さんや躍り手さん、役者さんのイメージを見た目で

わかりやすく表現しているもののひとつになりますので

 

どんな気持ちを表現しているのか?どんなことを際立たせたいのか?

などがわかりやすく出ている所ですね。

もし、自分がこの曲で歌うなら、もっとこうした衣装着て歌ってみたいなぁ。など

舞台にでているひとの気持ちを感じてみると楽しいと思います。

 

3.のどこに注目するかは、人それぞれ気になるひとって違うと思いますので、

目に入ってくる気になる人を追いかけてみて

こんな人と友達だったら。。とか

 

この人の役だったら私ならこうするなぁ。とかなりきったり、

監督目線で全体からこの人がキーポイントだなぁ。とか

みてみるのも面白いです。

 

4.の顔の表情は本当に皆さん豊かです!

緊張して固まっているのも愛嬌ですし、

笑顔が素敵な方も見ていてほっこりしますし、

ダンスや歌や演技が上手くて年期が入ってるかたは

気持ちを込めつつも体でも表現をしっかりされているので

 

そういう方の好きな思いを感じたり、

気持ちのこもった躍りや

パフォーマンスをしたりするのを見ていると結構感動するんですよ。

 

 

楽しむコツは

その人の気持ちにあえて感情移入して感化されてみる。

気持ちをオープンにして感化されにいくと、

のりうつったかのように気持ちが入ってきて感動が何倍にもなります。

自分も舞台に出ているかのような気持ちになれるからです。

 

監督の立場でも衣装係でも歌い手でも

どの人に注目しても良いのでなりきってみてみると

とても面白くなりますよ♪

 

私は映画でもなりきってみているのでめちゃ泣いたり

笑ったりと忙しいです(笑)

でも見た後は『見てよかったなぁ』とその時間を

楽しんで帰れますのでいいかなと思ってます。

 

自分の時間として味わえるといいですよね(≧▽≦)

 

スポーツ観戦なんかも同じで

どんなことでも一生懸命している姿に

感動はついてきます。

スポーツ観てると体が一緒に動いちゃいませんか?(笑)

 

興味ないことでも投げ捨てないで色んな角度や視点からみて

舞台をめいっぱい楽しんで下さいね。(≧▽≦)

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*