自分と向き合うヨガ|ダンスを経てヨガへ|今を生きる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今ここ

おはようございます。maruchikaです。

 

今日はヨガをするときによく言われる”自分と向き合う”ことについて。

ダンスを始めたきっかけからヨガにたどり着きわかったこと、ヨガで自分と向き合うことについて実践すると体と心が変わりますよ♪

という実践編今日は”今ここ”を感じる大切さがわかる内容をお伝えしてきます。読むだけでも今ここを感じることがわかりますよ。

『ダンスを経て』

自分が疲れているときや考え事をしすぎて内にこもりすぎているときは自分と向き合うことはしんどいですよね。

特に考え事はしているけど体力はある年齢の時などはゆったりしたヨガが辛くてできなかったのを覚えています。呼吸がちゃんとできなかったんです。

今でこそインストラクターになり出来るようになりましたが若いときは呼吸が辛くて続けれなかったんです。若いときは体力も無駄にあり(笑)呼吸の浅さがヨガを遠ざけていました。

ダンスで感情を表に出して発散していたので、感情を入れるフラメンコは特に集中してレッスンしていました。ダンスを始めてはまった人はわかるかもしれないですね。

感情を爆発させるあの高揚感は日常では味わえないので癖になります(笑)

舞台も非日常なので興奮しますし、衣装や音楽や観客がいることがいつもの自分ではない感覚があり面白かったです。

 

私の場合は体力と心が落ち着いてくるとダンスにぶつけていた”負”の感情が少なくなり踊りにぶつけたいと思わなくなってしまったんですね。

長年踊ってきて途中は純粋に踊るのが楽しかったのですが最後の方は”やり切った”感があり最後の舞台は踊り終わったときに未練がでなかったんです。

 

『ヨガと触れ合う』

その後ダンスをしているときに体を痛めたことがありメンテナンスにとヨガをしていたこともあってダンスをやめてからヨガを習いに行くことにしました。

その時には呼吸が出来るようになっていたので通うことに苦痛は伴わなかったんです。ダンスで呼吸することや肺活量がよくなったかも。

身体を動かすことが好きだしヨガ哲学も好きでしたので、ヨガらしい教室を探しました。

 

そこで随分教室を体験させてもらって(10件以上は行きました。しかも普通のヨガからエアリアルまで)探しているときに気づいたのが、

どの先生もキャラが違えど勉強してきているので哲学を詳しいかはわかりませんが、心が穏やかで明るい方がほとんどだったんです。

感情の起伏があまり出ないんです。仕事とはいえ出る方は出るので素晴らしいことだなと感心してました。

 

たまに会社の方針でか勧誘がすごくて必死な方もいらっしゃいましたが基本的にヨガを仕事にすることを選んだ時点でヨガとご縁があるんだなぁと思いましたし、

出会うことない人もいる中で何らかの形でヨガと出会い触れあっていることが素敵だなとも思いました。

 

『ヨガと向き合う』

こうして選んだ教室でしばらくヨガに触れていたのですが、初めはやはり教室に通ったほうが”その時間はヨガしかできない空間”ですし、同じ目的で集まった”今この瞬間”の仲間なのでヨガと向き合うにはいい環境だと思います。

 

家にいてるとつい、”あれやらなくちゃ”あっそれもしとかなきゃ”と集中しにくいですよね。

私は通うことで先生の言葉や周りの空気を感じつつ、皆が集中していることを感じてからは、あ~みんなといても自分の世界に入り込んでいいんだ!ととても気持ちが軽くなったのを覚えています。

結構日本人って周りの目を気にしたり人に気を使ったりすること多くないですか?

そうやって気遣うことを教えられているので仕方ないことですが、それではなかなか集中できないですよね。

ヨガ教室はたまたま行ったところが良かったのかとても集中できました。初めは空気を読んでしまいますから集中できると思ってなかったんですが、周りが集中していると安心して自分の世界に入ることが出来たからなんです。

終わった後はめちゃくちゃすっきりしました。新しい感覚でした。

 

慣れてくると自分の空間や時間をセルフコントロール出来るようになりますが、それでも日常のやるべきことが目の前にある空間はそれを終われせてからでないと落ち着いて出来なかったり、

家族がいて集中しにくかったりするかもしれないので、通いつつ自宅でも楽しみながら続けることがベストなんじゃないかと思って両方続けています。

 

教室に通っているときは自分の内側に集中したり、仲間を感じたり。自宅でするときも内側と向き合ったり、家族がいるときはストレッチをしている感じで皆でワイワイいいながらしてみたり。

 

体は動かしていると必ず答えてくれます。やったぶんだけ結果が目に見えて変わるので面白いですし、変わったことが見える分励みになるから更に続けられます。

ヨガは毎日少しでもしていると柔軟性がアップしますから、体力なくても体が固くてものんびり続けていれば体は答えてくれますので気負わずに楽しく続けてみるといいと思います。

そしてポーズや内側に集中することで心も穏やかになってきます。

 

『今を生きる』

こうしてヨガをする時間だけでも自分の内側やポーズに集中することで”今”に集中できます。それが”今を生きる”ことになります。過去でも未来でもなく、今を生きることが出来れば悩みや苦悩は減りますよね。

少しの時間でもそういった時間が持てるようになると、心も体もスッキリしてきて悩みが減ります。

悩みが減ると自分の本来持っているエネルギーがしっかりと保たれ必要なところに注げます。

ヨガって運動でしょ?と思っている方もそのポーズに集中したり自分の本当に思っていること(内側)と会話したりすることで今に生きることが出来、自分の中にあるエネルギーが溢れてくることに気づくと思いますよ♪

 

『まとめ』

ヨガのポーズや心の声に集中して毎日少しでも続けていると必ず体は答えてくれます。

今に集中することで過去や未来の心配が消え今に集中することでエネルギーはアップします。今をエネルギッシュに生きることが出来れば、未来は考えたり思い悩まなくても良い方向に進みます。

今に集中することがヨガでなくてもいいと思いますが、私にはヨガがちょうどよかったのでヨガを続けています。後はこのブログ書くのも好きで集中してますね(笑)

書きたくて伝えたくて思いを言葉にすることの楽しさをかんじはじめているところです。

 

ダンスの時は言葉がうまく出てこなくて踊りで伝えようとしていたので今新たな表現方法を見つけて私のマインドが喜んでいるように感じてます。

あなたにもちょうどいい”今に生きる””今に集中する”ことがあると思いますので是非続けて見てくださいね。ヨガもおススメですよ(≧▽≦)

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

良い一日をお過ごしくださいね♡

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*