完璧主義は不自由。自由には欲も許しもある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわ。ちかです。

今日は自分が思っているよりも完璧主義の罠にはまっていたことに

気づいたのでシェアしていこうと思います。

完璧主義には自由がない

 

間違えれない

失敗できない

羽目を外してはいけない

泣いてはいけない

怒ってはいけない

悔しいといえない

いつもいい人でいなければいけない

 

ないないづくしで自分で自分を縛っている。自分で。

誰にも言われてないのに。

 

自由には、選ぶ権利がある

 

間違ってもいい

失敗してもいい

飲みすぎてもいい

遊びほうけてもいい

泣き叫んでもいい

腹が立ってもいい

いい人でいなくてもいい

 

自分で自分を許容し、愛している。

 

自分の心の持ちようで見える世界は変わる

 

自分の心の持ちようで今が天国にも地獄にもなる。

藤原新也さんの本に書かれていた言葉が頭に浮かんだ。

 

道をたずねた。

老婆は答えた。

上さまに行けば山、

下さまに行けば海。

 

どちらに行けば極楽でしょう。

どちらさまも天国。

どちらさまも地獄。

世界はあんたの思った通りになる。

 

思った通りになる。

確かに。

檻の中にいてても心が自由であれば檻は気にならないのかもしれない。

世界の中心はいつも自分が中心に物語は回っている。誰もが。

 

完璧主義で自分で自分を縛っていたら

どこにいても何をしていても心は晴れない。不自由なまま。

自分を自由に開放して許すことが出来ていたら

辛い環境でも心は穏やかになるかも。

 

過酷な環境で自由な心と精神を保てるほど強くはないかもだけど。

 

私達には選ぶ権利や断る権利がある。

NOという大切さも、

断るときに相手に気を使うことも知っているからちゃんと言えばいいだけ。

断るのが苦手なのは、

めんどくさい。と、いい顔したい。という

ふたつの側面もあると実感。

 

私は断る言葉を考えるのがめんどくさく、

いいよと返事したら相手が喜んでくれると思っていい顔したいという

下心があったから、

つい、いいよ。と返事して、

あとで後悔して気分が悪いことも多々あったけど、

 

今は自分の気持ちを優先して大切にし、

相手ももちろん大切にするからこそ

断るときの言葉は丁寧に選ぶようになった。

 

どちらも大切。自分を後回しにする必要はないってこと。

自分が機嫌よくいれば、周りも気分がいいし、自分の中で誰のせいとかもなくなる。

自分責任論にも繋がるから、

自分大切にしていくことがどれほどいいことかが身をもって感じられた。

 

自分解放

 

もう一つ私の好きな藤原新也さんの言葉がある。

 

つかみどころのない懈慢な日々を送っている

正常なひとよりも、それなりの効力意識に目覚めている

痴呆者の方が、この世の生命存在としてはずっと美しい。

 

私もそう感じるときがある。

肉体を持ったこの世では弱者と呼ばれている人の方が

心が純粋で美しかったり、

心が解放されてキラキラしている感じがするんです。

物事を真っすぐに見ているというのか。

心の解放がある感じ。

 

偏った一つのことしか出来ないとびぬけた才能を発揮している人も

その他のことは出来なかったするし、

そのやりたいことに集中していてキラキラしてるのが美しいと感じるから。

 

その一つに心開いて集中しているさまが美しい。

だから皆、光に寄ってくる。

 

時々この言葉を思い出しては、

自分が懈慢な日々を送っている人種になってないかと自問自答する。

やりたいことを見つけてキラキラしていたら

心は穢れなく光り輝いていくのだと思います。

 

もしかしたら、この世で弱者や変わり者と言われている人の方が

魂は美しくレベル高いのかもしれない。と、

この言葉を知ってからは

どの人にもリスペクトは忘れないでいられている。

 

でも成功者といわれている人には、

逆にあんまり共感できない自分もいてる(笑)

もちろんそんな自分も許します。

 

うらやましいとかそうした気持ちがどこかにあるからなんだろうと思う。

もちろん自分責任論だから相手が悪いんじゃないのでここは

そう感じた自分は実は何が欲しいのだろうと考えるようになったから

嫌だなと感じる人も自分にとって必要なひとなんだと感じてる。

 

なので結局皆自分にとって大切な役者。

配役が決まっていてちゃんと私が成長するように

いい時期にいい人が出てくる。

 

本当、人生に無駄はない。

無駄だと感じていることこそが人生の醍醐味だったりして。

 

今日も自分の心に従って動く時間を一秒でも増やせるように

過ごしたいと思います。

 

あなたに素敵なことが雪崩のごとくすり注ぎますように♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*