完璧を手放すと気楽でうまくいく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
完璧を手放す

突然ですが完璧を求めてしまってませんか?

自分の仕事や趣味などの自分に向かうものではなくて

気づきにくいですが、

 

人に対して知らず知らずにやってしまっている

『完璧主義』のお話です。

日常でも、こうしたい。あぁなってほしい。とか、こうあるべきだ。と、自分の中の物差しに当てはまってなくて、自分にとっての完璧な物差しからずれてる人がいてるとイライラしませんか( ̄▽ ̄;)

 

この完璧主義はあまりよろしくなくて、一歩引いて冷静にみるとわかります。

 

それは自分の物差しであって、相手の物差しではないからですよね。
相手にとっては相手の完璧な物差しがあり、それが完璧なものと思っているからです。

 

完璧なんて思ってないよ!と思っちゃいますが、こだわりや、これだけは絶対無理!とか

これする人は嫌だ。とかはありますよね(^^)

 

完璧なんてないことに気づいて自由な心で相手を手放してあげるとお互いに過ごしやすくなりますよね。

そうはいってもつい自分の主観で物事をみてイライラするのが人の世の常ですよね~

なかなか完璧になんてできません(笑)

 

私の師匠もいってましたが、そんなときは
イライラする人を
『近所のおっちゃん、おばちゃん』だと思うこと。と言っています。

近所のおっちゃんおばちゃんならこうあるべきだ。こうしてほしいとかっていう、当たり前感はないですよね。

食べ物くれたら、え?くれるの?ありがとう!!と、感謝出来ますし、何にもしてくれなくても、それが当たり前です。

どうやって歩いてても、どんな服装でも文句も出ませんし、イライラもしないです。

それは自分に被害や危害が加わらないから。ということは、自分と相手の間に距離があれば冷静に見れるし自分の物差しを押し付けることもなくなるってことですよね。

 

 

親だからこうあるべき。とか子供だからこうするべき。とか上司だからこうあるべきだ。は自分の思い込みだけで、相手の~べきだ。という相手の物差しはまた違いますもんね。

 

気づいたら距離感が勝手に縮まっていて、勝手に「こうあるべき」を押し付けてしまっていることが

あります。そんな時は自分を責めずに気づいてよかった。気づいたら治せるから。と無駄に落ち込まないように思考に気を付けています。

 

当たり前はないんだよ。と言われてわかっているつもりでも、日常にまかれていると忘れてしまい

感謝が減っていることに気づきます。ありがたい!と思えなくて、ちぇっ!とかつい思うんですよね~

 

あ~なんて未熟な私(笑)最近そんな自分を受け入れることが出来るようになり、気持ちがすごく軽くなりました。ヨガもしてるからか肩こりがめっちゃ軽くなりました。胃腸も調子もいいですし。

 

心と体が繋がっているのを実感しました。感謝ですね♪

 

( ゚д゚)ハッ!!横道にそれましたね!失礼しました(〃▽〃)

 

その忘れてちぇっ。とか思っているときでも最近しているのが

相手を知らないおっちゃんだと思い、「あ~この人も色々あるんだろうなぁ」と一歩引いてみるようにして、

かわいそうとかは思わず、ただ現実として『大きな声でガンガンネガティブなこと話すなぁ。』。と観察して『あ~それ見て私ちょっと嫌だなと感じてるな』と、自分の感情も観察します。

 

そうして観察することで少し距離感が出ると、冷静になれます。これが近所のおっちゃん原理だわ!と

勝手に納得して日常使いしてます(笑)

 

なので本当に日々落ち込んだり悩んだりすることが減りました。自分を許すこともできるようになり

更に人も許せるようになってきて、なんだか心のスペースがめっちゃ空いたように思います。

 

無駄な恨み節(笑)などが心を独占するのをやめたからなんだ。と、恨みちゃんが減って初めてわかりました。

 

色んな人がいるので、たくさん出逢ってみて、そのなかで気の合う仲間を探して深く関わって行ければ無理なく、楽しく成長しながら生きていけるのではないかな?と感じています。

 

もちろん苦手な人と関わることもあるだろうし、そこはおっちゃん理論で乗り切りたいと思います。

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*