今日のヨガポーズと心の持ち方 アルダマッツェーンドラーサナ(半分のマッツェンドラのポーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。maruchkaです。

 

今日から連休の方も多いかな?と思いますが

マイペースにヨガポーズをお届けしたいと思います♪

 

今日のカードはこちらです。

アッビャーサ(繰り返しの練習)

 

『継続する力、自分に寛ぐ、快適な体と心』

 

このカードはヨガは特別なものではなく毎日の中に取り入れ

習慣にするべきもので

「ヨガ的な生き方」をするべきだと告げています。

 

毎日少しでもよいので瞑想し、自分と向き合うようにします。

自分自身と向き合う時間はぜいたくな時間ですよね。

今はラインやメールの通知や電話、TVなど気が散る要因が

多いので、それらをこの時間だけでもオフにし

自分だけと会話し向き合いましょう。

 

その特別な時間を快適に過ごせるように

体を清め、心地よく座れる場所を準備し、毎日少しづつ五分でもいいので

時間を決めて自分と向き合うことで自分の思考もクリアになっていきます。

 

瞑想は他人に頼らない生き方をするための大切な練習です。

これは自分の心をコントロールするということです。

 

心の手綱を自分でコントロールし味方につけて

魂を成長させていけるといいですよね。

 

 

それでは今日のポーズです。

アルダマッツェーンドラーサナ(半分のマッツェーンドラのポーズ)

です。

これはインドに実在したといわれる聖者「マッツェーンドラ」のポーズになります。

 

このポーズで体を深くねじり内臓をマッサージし、背骨を整え

瞑想するにふさわしい体つくりを作っていきます。

 

まず、正座で坐ります。ヨガの正座は足の甲を真っすぐ伸ばし

かかとのしたにお尻があり、足指は重なりません。

 

そこから右のお尻を床に落とします。お姉さん坐りのような形です。

左足を右足にかけるようにして、右膝の外側に左足を置きます。足裏はしっかり

床につけてます。

両方のお尻をしっかりと床につけ浮かないようにします。

右手を上にあげ、息を吸いながら背骨を伸ばします。

息を吐き、右ひじで左ひざを押すようにしながら背骨を左にねじります。

左手は体を軽く支えるように床に置きます。

背骨は真っすぐに天に向かってひっぱられているイメージです。

右手の肘を曲げたまま、左の膝を押してさらにねじります。

 

そのまま深い呼吸を続けます。ねじれている部分に意識をむけてください。

内臓が浄化されます。イメージが大切です。

ここでも目を閉じ自分の体と向き合います。

 

反対側も同様に行います。

 

今日も時間を共有してくださり感謝です。

良い一日をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*