Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chikachika08/chikachika08.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/chikachika08/chikachika08.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

今日のヨガポーズ・サンニャーシー ガルーダーサナ(わしのポーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。maruchikaです。

 

今日は

・サンニャーシー(捨て去る人)のカードの意味と

・ガルーダーサナ(わしのポーズ)の解説をしていきます。

 

『サンニャーシー』

~自由の意味、こだわりを捨て去る、自分を受け入れる~

 

サンニャーシーという言葉は「サン」=完全に。「ニャーサ」=手放すこと。という意味です。

手放すといっても世捨て人になるわけではなくて、こだわりや思い込みを手放すということ。

 

社会の中で活躍しながら物や状況に捕らわれず、心が自由になった人のことです。

 

人間は、つい他人と比べたり、認めてもらいたかったり、尊敬されたい、愛されたい。。など

自意識のこだわりがあり、自分を理想にはめ込んで苦しくなったりしませんか?

サンニャーシーは人の目を気にすることをばっさり捨てましょう。

もっと楽しく自由に、自分を信頼して素直に生きましょう。自意識の縛りから解放されましょう!

と伝えてくれています。

 

本当の自由人になるには、人は人、自分は自分という見極めを持つこと。他人をありのまま認め

その人のあり方を受け入れること。他人を変えようとしないこと。だと言っています。

 

すべての人に過去があり、何らかの理由で自分を守るための事情があり、今の思いに行きついているはず。

それを受け入れ、そして自分のあるがままも受け入れたうえで、

お互いの自由を認めることで初めていい距離感が保たれるようになります。

 

そうすることで、自分の中にいてる気にかけている人がいなくなり、心にスペースがあき

心に余裕が出来ます。心の中に住んでいる人がいると自分のスペースも狭くなりますが

相手も何らかの気持ちをかけられているので不自由な”気”が出てしまします。

 

心から相手を自由にしてあげましょう。そうすることで自分も自由になれます。

お互いに心に余裕のある環境で、”今”を楽しくともに過ごせるのが理想ですよね。

 

私はそれを目指して日々奮闘中です(笑)

 

では今日のヨガポーズ

『ガルーダーサナ(わしのポーズ)』

わしのポーズです。

わしのような強さと空を自由に舞うわしをこのポーズで感じてみてください。

自由に向かって進む力がわいてくるでしょう。

 

1.

タダーサナ(山のポーズ)で立ちます。少し膝を曲げて左足を持ち上げ、右足でバランスをとります。左腿を右腿の上に重ね、左足の指を床のほうへ向けて足を後ろへ押し、足の甲を右ふくらはぎの下の方へからめます。右足でバランスをとりましょう。

からめにくいときは重ねるだけでも大丈夫です。揺れても大丈夫です。中心を感じてみてください。

2.

両腕をまっすぐ前に伸ばして床と平行にします。身体の前で右腕が上になるように腕を交差させ、肘を曲げ、右肘を左腕に密着させ、前腕が床に対して直角になるようにして両手の甲を合わせます。このときも手の平が合わさらない方は出来る範囲で大丈夫です。無理のないようにしましょう。

3.

巻き付けていた両脚と両腕を外して、再びタダーサナで立つ 。同じ長さで腕と脚を反対にして繰り返す。

 

*膝に痛みがある場合は行わないでくださいね。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*