今日のヨガポーズ 生理痛に良い アンジャネヤーサナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のヨガポーズ アンジャネヤーサナ

 

こんにちわ。marchikaです。

 

今日のヨガポーズはアンジャネヤーサナです。

 

このポーズは生理前や生理中の不快な症状を緩和する効果が

期待でき、鼠径部も伸びますし股関節も柔軟にします。

血流もよくなります。

 

こちらのポーズです。

 

ポーズのやり方

  1. 四つ這いの姿勢*1から息を吸いながら右足を手と手の間*2に運びます
  2. 後ろ足を引けるところまで引いて膝と足の甲を床につけます。
  3. 上体を持ち上げて呼吸(背骨をしっかり伸ばし目線は正面)
  4. 余裕があれば両手をあげ、上げた指先をみれるようでしたらみながら合掌。*3

 

 

*1→四つ這いは肩の真下に手首、股関節の真下に膝がくるようにします。

*2→前においた足は足首より膝が前にでないように気を付けて下さい。

足首よりでてしまうと膝を痛めてしまいます。

*3→腹筋は力を抜かず(丹田をきゅっと占しめるイメージ)

腰に負担がかからないように気つけて行ってください。

 

心地よいところまでで大丈夫です。ポーズに自分を合わせないで

自分にポーズを合わせるように調整してください。

 

大きく空に向かって心を開き、喉、脇、胸、体の前側を心地よく伸ばします。

『アンジャネーヤ』とはインドの神話『ラーマーヤナ』に出てくる

サルと人間の姿で現れた勇者ハヌマーンのもうひとつの名前です。

 

アンジャネーヤは、風の神から生まれた強さと自由、友愛のシンボル。

愛と勇気に溢れたハートの大きい神様です。

 

このポーズをとり、全面を伸ばすことで胸が大きく開き

アンジャネーヤのハートを感じてみましょう。

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*