信頼される人 仕事で頼られる人物像とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ♪maruchikaです。

 

今日は仕事の上で信頼される人の特徴をお伝えしたいと思います。

仕事をするうえで、仕事が出来るのも大切ですがそれ以上に必要なスキルというか

大切なことってありますよね。それが信頼だと思います。

 

最近とても大切だなぁと感じる機会が多いのでシェアさせていただきます。

 

なかなか信頼ってすぐにはされませんが、徐々に信頼され関係が深くなります。

頼られる人の特徴を私の経験からお伝えしますね。

信頼される人の特徴

・裏表がない

・約束を守る

・責任感がある

・フォローを率先してやる

・仕事でのマナーをわきまえている

 

『裏表がない』

誠実であること。自分の気持ちに正直に生きていて、出す言葉に裏がない人は話していて歯切れがよく、

聞いていてすっきりと心地よく言葉が入ってきます。

 

逆に歯切れが悪いのは裏の気持ちに何かしら含んでいることが多いと感じます。

 

周りの意見や視線を理解しつつも、自分の思いをちゃんと真っすぐに伝えられる人の言葉には本音の

想いの力があるから相手の心に届くのかな?と思います。

 

本心をちゃんと伝えることで芯がぶれないのが信頼につながりますよね。

 

何故かスピリチュアルを信じてない方でも、直感や空気の”気”は読めちゃいますよね。

本音を言っている真っすぐな空気は伝わるんだと思いました。

 

約束を守る

仕事以外でもそうですが、約束したことを守るのはやはり基本です。

時間や納期、お客様との取り決め、など「少しくらいなら。。」という気持ちは相手に伝わりますし、

信頼が減りますので気を付けたいことろです。

 

信頼は積み重ねるのに時間がかかりますがなくなるときはあっという間ですよね。

小さなことと思わずに、約束はきちんと守っていきたいです。

 

『責任感がある』

約束に通じるところもありますが、外的要因を理由にしない。これは人のせいにしないマインドです。

何か事が起こったときに、誰かのせいにしがちですが、責任感ある人はすべてが自分のせいだと

考えています。

 

例えば突然の事故などで電車が遅れたとしてもです。自分のせいではないと言えばそれまでですが

責任が自分にあると思う人は、早めに近くまで行って待機すればいいだけだと考えます。

 

こうしてすべてが自分のせいだと思えると、逆に解決策が出てきます。誰かのせいにしているうちは

責任も取れないし解決も出来ないですよね。

 

フォローを率先してやる

信頼度の高い人は自分の時間を犠牲にしてもフォローをしてくれたり、協力して解決まで付き合ってくれます。

わからないことなどを丁寧に教えてくれますし、めんどくさがったりしないです。

 

そうして人から信頼という一番大切なものをしっかりと受け取っているのです。徳を積む。

という、見えないしお金などの形にはなりませんが、違う所から大きなことがかえってきます。

 

それは違う所からのお仕事依頼や人間関係など、お金ではかえないものが来る感じです。

 

仕事でのマナーをわきまえている

これも当たり前かもしれませんが、「口は禍の元」とはよく言ったもので、他人の情報や噂話を

むやみにしないことが信頼につながります。ここだけの話を他言して、まわりまわって当人の耳に入るほど

信頼をなくすことはないですよね。

 

悪口もそうです。本人に言わないことが多いとは思いますが、他人に言えばその人にネガティブな

空気を渡してしまうため良くないです。それは自分にいつか返ってきてしまいますので

やめたほうがいいです。

 

話を聞いてあげる。聞き上手な人は重宝されます。人って自分のことを理解してほしいもの

なので、聞いて受け入れてくれていると感じる人に心を開きます。そうすることで距離が縮まり

仕事がスムーズに運ぶようになります。助けてもらいやすくもなり仕事がしやすくなりますね。

 

『まとめ』

本音で話せて責任感があること。約束や報告などを怠らない。

当たり前のことが多いかもしれませんが、それが簡単ではないからこそ続けることの意味が

大きいのではないかなと感じます。

 

ヨガでも言われている八支則と似ているようにも思います。

 

日々の積み重ねでしか信頼は獲得できないので小さなことから続けて信頼を積み上げていきたいですね。

私も日々精進です。

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*