知らぬが仏とクマのプーさん 気分よく生きること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。maruchikaです。

 

今日は知らぬが仏だなぁと感じた朝の一コマとうちのクマのプーサンとの繋がりを見ていきます🎵

 

『知らぬが仏』

”知らぬが仏とは、知れば腹が立ったり悩んだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということのたとえ。 また、本人だけが知らずに澄ましているさまを、あざけって言うことば。”だそうです。↑ウキペディアから引用。

この言葉を思い出したのは、ある朝の電車の中でのヒトコマ。

満員電車の中でも結構混雑している日で、身動き取りにくいくらい人いきれで空気もこもりがちな環境の中、見るところもなくて何となく入り口付近の上にある広告を見ていたんですが(その内容は一ミリも覚えてないです)

ふとその広告辺りに蜘蛛がいることに気づいてちょっとドキッとしました。歩いてるだけで悪さはしなそうでしたが、自由に動いている分、下にいる女の人に下りていったらあの女の人びっくりするだろうなぁと想像してたんですが、誰も気づいてなくて。

知ったら下にいる人はビックリして、それこそ蜘蛛の子散らすように皆その場所を避けるんだろうなぁと考えていたときに”知らぬが仏”という言葉を思い出したんですよね。

混雑する朝の満員電車だったので、知らぬが仏で良かったなぁと。知ったら心は平静でいれなくてそこから逃げたくなるだろうし知らなければ確かに平静な気持ちでいられるよなぁと。満員電車の中で気づいても逃げ場所はないですけどね。(^-^;

そうすることで、周りの環境は保たれたまま静かに朝の満員電車が過ぎていくだけ。

穏やかな満員電車の中でしたがたまには刺激があったほうが目が覚めるのかな?私も蜘蛛見つけてドキドキしましたから(笑)でも疲れてるから案外見てみぬふりするかもですね(^-^;

 

他の出来事でも知らぬが仏で過ごせていたら心は平静を保てるけど人生そうそう穏やかじゃないし、皆それぞれに波乱万丈ですよね。常に悟りを開いた日常の人なんてなかなかいないと思います(^-^;

 

『クマのプーさん』

そこで思い出すのは会社のおじいちゃまです(≧▽≦)クマのプーさんみたいな体形してるんですよ(≧▽≦)しかも良いのか悪いのか年を取ると本当に耳が遠くなって聞こえないんです(笑)

その分周りの雑音が聞こえないので本当に自分の世界観の中で落ち着いてマイペースに仕事してるんですよね。特に集中しているわけでもないけど、周りが気にならないから”知らぬが仏”でのんびりと過ごしているんです。

 

他の人がイライラしていたり、声を荒げたりしても気が付かないんです( ゚Д゚)自分のスマホがなっていても気づかなくて私が「なってますよ」って声かけると「ん?そう?」って(笑)

そんなに聞こえないんだ!とびっくりしますが本人はニコニコしているのでまぁいいかな。と思ってちょいちょい一緒に笑っています(笑)おやつ分けてあげたら喜ぶのでたまにあげます(笑)

おじいちゃまがニコニコして気分よく仕事していると会社の空気は変わります。柔らかくなるんですよ♪これって本当に大事ですよね。私も見習ってなるべく周りを気にしないようにしつつ、気分よく仕事するようにしています。そうすることで空気も良くなるし自分も助けてもらいやすくなるから結果的に楽です。

おじいちゃまはそのキャラで仕事で失敗しても皆に助けられたり、何もしなくてもお茶しに会社に来てくれるだけで皆嬉しいんです。これすごくないですか?

 

笑顔だけで生きていけるんじゃないかと思わせてくれる、気分よくいることのメリットの大きさを体で教えてくれる素敵な天然おじいちゃまです(≧▽≦)

 

イライラしている人のことはおじいちゃまほどガン無視できませんが気になることは減りました♪(おじいちゃまは天然♡)ここまでくると天然記念物ですね(≧▽≦)ご当地キャラくらい会社で愛されちゃってます(笑)

 

お見せしたいところなんですがおじいちゃまにもプライベートがあるので(笑)

イメージになりますが ↓

こんな感じです♪(笑)名前は満月ぽん濃い味1、5倍が好きなのでキャラのネーミングは”濃ぽんマン”くらいでいいかな(笑)

今日はおやつを食べすぎて調子が悪くなったようなのでしばらくおやつはお預けです(笑)

本当に天然で人を癒すなんてなかなか出来ないので最高にいけてるおじいちゃまだと思います。

 

クマのプーサン似のおじいちゃま”笑顔で気分良く生きること”と”知らぬが仏”がまたまた繋がりました♪

今日もお仕事張り切っていきましょう♪(笑)

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

良い一日をお過ごしください(≧▽≦)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*