喘息から学んだ|喘息の時避けたほうが良い食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
喘息のとき

はじめまして。maruchikaです。

 

初めての投稿になります。

実は少し前に一度投稿したのですが

うまくいってない箇所があり、やり直したという

どんくさい始まりからのブログです。笑

 

今はヨガがお気に入りで心と体のバランスや繋がりを

楽しんでいます。

もともとダンスをしていて体を動かすのが大好きなんです。

 

というか、骨や筋肉の動きが好きで

自分の体が毎日動かしていたらどれだけ自由に使いこなせるのだろう?

鍛えれば、レッスンすればするほどに体が自由になるのではないか?

とひそかに思いつつ、それも楽しみつつ体を動かしている少し

変な趣味だといわれている私です。

 

体は正直なので毎日動かしていても調子がいいときと良くないときと

あります。それは心の調子だったり食べ物のチョイスだったりします。

 

そんな時に心身は繋がっているんだな。食べ物で体は変わるんだなと

実感します。

喘息から学んだ

そんなのんびりの日常が先日から少し変化がありました。

喘息の症状がひどくでてヨガが出来なくて寝れない日が続いたんです。

 

そこで知り合いから聞いたサイトをネットで調べたら

「食べ物が原因で喘息がおこることがある」という内容が出てきました。

 

喘息になる原因には色々ありますが、食物アレルギーやストレス、環境汚染、

風邪などさまざまなものがあります。

 

喘息になるということは、私の経験からすると

初めはちょっとした花粉症やハウスダストなどにかかり

軽い症状がいつしか慢性化になり気管支炎になり

これもまた慢性化になり喘息になる。

 

これは私の二十年くらいで起こった流れです。

もっとどこかで何か対処していればよかったのですが

無知すぎて色々な病院に行きましたがたどり着けませんでした。

 

先生によって自分の未来が変わることもあるから

病院はしっかり選ばないといけないなぁと実感。

わからなくてもおかしいときは必ず検査や症状を詳しく聞いてくれる

病院がいいですね。本当に命にかかわることありますよね。

 

まだ花粉症くらいなの。という方はちゃんと見てくれる先生に

たどり着けますように!

ネットのサイトで病院の検査器具の写真やこういったことを

してますよ。とちゃんと書いてくれてる「呼吸器内科」を選んでくださいね。

 

喘息の時に避けたほうがいい食べ物

で、話は少しずれましたが

食べ物のお話を。

喘息で気を付けたほうが良い食べ物は下記になります。

 

・唐辛子

摂取することで気管支が刺激され発作が起こりやすくなります。

これはイメージしやすいですね。

 

・白砂糖の取りすぎ

糖類を分解させる際に多くのビタミンB1を必要とするため

体内のビタミンが不足することがあります。

それによって免疫が下がり細菌やウイルスに感染しやすくなり喘息の症状が悪化する

ことがあります。

私は今回この細菌にやられて発作が起こりました。

サプリメントを飲むのが好きではなかったのですが甘いものが

好きですし、人に勧められたのでようやく最近飲み始めたところでした。

 

が間に合わずなのかちゃっかり細菌にやられてしまいました。

 

・肉類

肉類を過剰に摂取すると腸内にメタンガスやメトロソアミンヒスタミンなどが

発生します。うまくアミノ酸へと分解出来ない場合はそれらがアレルギー反応を

起こす可能性があるそうです。

 

・なす科

これは最近知りましたがなす科の食べ物はアクが強いのが多く食べれるほうが

実は珍しいそうです。

なす科は、なす、トマト、ピーマン、パプリカ、キュウリ。。

結構、夏に食べる代表的なものが多いですがなす科にはレクチンという毒素が多く

しかもほとんどの食べ物に入っていますがなす科が違うのは

「割と熱に強くて、消化が悪くて、腸壁の細胞にくっつきやすい」そうです。

 

ですのでアレルギーを持っている方は避けたほうが良い食べ物になります。

 

食べ物も体も心も日常の色んなこともバランスが大切なんだなぁと

実感します。

 

今日からまたバランスを戻して健康で穏やかな日々を過ごしていきたいと

思います。

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

良い一日をお過ごしください♡

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*