喘息とヨガ 実践始めました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。maruchiaです。

 

最近、喘息と認定(笑)されてから、

色々ヨガの効果を喘息と照らし合わせて調べ

実際に体験して皆様にお伝えしようと試みてます。

 

まずは咳がほぼでなくなってから息苦しさが残る状態で

深呼吸を意識的に始めてみました。腹式呼吸は気にかけてましたが

吸う息より吐く息を倍にするのがいいようなので今は

この呼吸法でチャレンジしています。

あとでこれを実践する根拠もお伝えしますね。

 

この方法で深呼吸することで気道がせまくなり酸素不足だった体に

酸素がいきわたるようで体も呼吸も楽になります。

酸素不足だとかだらがだるくなりますよね。本当に体って無駄なものは

ついてないんだなぁ。と実感します。

 

大切に扱ってきたつもりでも普段からうがいはすぐ忘れるし

ちょっと喉痛いなぁと思ってもマスクするのを忘れたり

飴買うの忘れたり。。

その時は体が健康でちょっとくらいなら大丈夫だと過信していたんです。

ひどくならない。と意味のない自信というよりはめんどくさいし

予防にお金をかけることに「もったいない」と、せこい考えがあったからだと

今ならわかります。

 

予防には保険もききませんし、自分でどうするかしらべないとわかりません。

「めんどくさい」や「わからない」が先だってしましますよね。

 

病気になってからきづいても後の祭りなんですが

それでも、今回そこからの脱出を目指してみたいと思っています。

予防よりも時間もお金もかかりますが(お薬代や病院代は当分いります😨)

ずっと不健康は嫌なので(笑)

 

あと、寝る前には呼吸を整えるためとストレスを開放するために

瞑想を少ししてから寝るようにしました。

 

成人の喘息には大気汚染の環境もありますがストレスもあるようなので

瞑想で自分を開放し、リラックスしてから寝るのが次の日起きた時にも

体が楽でいいなと感じています。

 

 

実践しようと思った根拠ですが

調べた中でもヨガの呼吸は喘息に良いようで

 

1967年にインドのロナウラにあるヨガ研究所で最初の臨床試験が

行われ、さまざまなポーズや呼吸法のヨガプログラムを喘息の人に実施してもらい

行った人のうち、40%は良好、33%十分、16%は軽微という結果だそうです。

 

良好は薬を6か月間発作がなく、2か月間以上薬を使用しなかったことを意味します。

十分な効果とは発作が50%以上減少し、治療薬を使用した場合です。

 

あと、イギリスのノッテンガム市立病院のヴィレンドラ・シン医師らが

喘息患者に吐く息を吸う息の倍にする呼吸法を実践してもらったところ、

気道が収縮するような化学物質に接触しても喘息発作が誘発されにくい

ことがわかったそうです。

 

もう一つ興味深いののが、インド国立ヨガ研究所で成人の喘息患者46人に

40日間合宿プログラムに参加してもらい、ポーズや呼吸、浄化法、菜食を

実施し、体力が大幅にアップしたそうです。

その後、1日15分から30分ヨガを続けた31人を一年間追跡調査した結果

18人が薬の必要がなくなったそうです!

 

これすごくないですか?

 

努力はいりますが呼吸が楽になり、体力もつき、やりたいことが

できる幸せを自分の力でつかみとれるかもしれないんです。

 

特に呼吸は効果が高そうですよね。

もちろん必ず良くなりますというものではありませんがやってみる価値は

あると思います。

 

ヨガの心得。

やってみるけど結果は期待しない。を実践したいと思います。

 

 

期待しちゃいますけど(笑)

 

 

今の呼吸が楽になるだけでも、今の私にはとてもありがたいので

ヨガと呼吸を続けていきたいなと思います。

一日15分から始めてみたいなと思います。

 

一年後にまた良い結果をお伝えすることが出来ればいいなと

それもやる気の支えにして続けていきます♪

 

今日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*